製造システム

生産性向上のために

システム化のメリット

  • 品質管理ビッグデータ蓄積で緻密なトレサビ検索実現
  • 生産計画の突発的変更に柔軟に対応
  • 個人ノウハウのルール化で後継者育成に貢献
  • 生産計画の制約チェックで時間・設備・材料のリアルアラーム
  • 生産実績収集で不良品出現時に警報周知
  • 複数の計画案を作成して短時間で比較検討を可能にする

機能一覧

重厚長大から短小軽薄へ 大量生産のメリット(低コスト、品質安定、ロスが少ない)が活かせない
量産型のデメリット(納期調整が困難、大量の在庫、置場不足、資金力必要)の克服
見込み生産から受注生産へ移行
多品種少量生産へ移行
多機能機は高価で融通が利きにくい、設備投資にも限度
品質の不安定
段取りによる能率低下
歩留りの低下
トレサビが注目視:社会的信用の重視
システムの必要性が高まる 部品表の整備:部品の共通化、多様化への迅速な対応
→MRP(部品所要量計算)の必要性
外注化による分業体制の確立
→EDI(電子商取引、電子データ交換)の導入
生産計画とは 負荷計画:山積&山崩し
工程計画:どの工程を選択するかの計画
順序計画:投入の順序を決める
リソース(装置、材料、人)を時間軸にプロット
生産指示:計画を知らせる
さかのぼり計画:完成から逆に時間をさかのぼる
生産実績把握 POS、バーコード、FAでリアルタイム把握
→実行計画の動的修正へ
品質管理 品質測定、記録
トレサビの追跡
保証書作成

開発事例

合板製造 原木仕入管理
生産管理
物流管理
販売管理
石油コンビナート 生産計画
原子力発電所 検査要員計画
洗面化粧台製造 部品生産計画
鉄道輸送 乗務員ダイヤ編成
車両保守管理
電気工事 要員計画
金具製造 生産計画
靴製造 MRP部品所要量計算
樹脂製造 重合生産管理
出荷業務配車手配
品質保証書WEB化
購買管理WEB化
タイヤ製造 精錬計画
製品検査システム
口金取付監視
成型工数積算
工程組立順序監視
血液検査機製造 製品検査データ収集
鉄鋼業 生産指示連携(HOST-PLC中継)
アルミ加工 製品試験検査証発行(試験機連動)
製品ラベル発行(重量測定機連動)
製品販売管理
製造管理
アルミホイール製造 製造工程管理
販売管理
倉庫管理